カウンセリングで自分の肌質に合った脱毛方法を提案してもらおう

全身脱毛の方法にはいくつかありますが、敏感肌の人が無理なく施術に通いたい場合には、サポート体制がバッチリの脱毛クリニックを契約先の候補に入れるのがおすすめです。医療脱毛を得意とするクリニックでは、カウンセリング中に一人ひとりの患者の肌質を診断して、理想的な脱毛方法を提案しているところが多くあります。また、敏感肌の悩みを抱える患者のために、レーザーの照射を行う前に患部に麻酔クリームを塗布したり、ジェルやローションを使ってトリートメントをしたりするクリニックもあります。そこで、術後の肌の状態について少しでも不安に感じていることがあれば、カウンセリング対応が優れているクリニックに連絡を取ることがポイントです。

追加料金なしでアフターケアをしてくれるクリニックを選ぼう

敏感肌の人がリスクを最小限に減らしながら医療脱毛にチャレンジをする際は、追加料金なしで自分に合ったアフターケアをしてくれるクリニックを探すことが重要です。レーザーの出力や照射範囲によっては、施術を受けた箇所の周りの皮膚が一時的に赤みを帯びたり、痛みや痒みが出たりすることもあります。こうした問題に的確に対処をするうえで、早い時期から各クリニックのアフターケアの事例をチェックして、安心して通院を続けられるところを見つけることが大事です。その他、肌質や術後の肌の状態によって、アフターケアに必要な期間が変わってきます。そのため、アフターケアの大事なポイントについて、分からないことがあればすぐに主治医に相談をしましょう。